働く女性になる!

出産・子育ても安心!女性のスキル・職業

出産・子育てでブランクがあっても復帰しやすいのが、看護師などの資格を取る仕事です。

 

実際に中途採用で勤務することも多いので、看護師専用の転職サイト・雑誌が充実しています。

 

ブランクがあるとちゃんと復帰して勤務できるか心配になりますが、転職サイトが開催しているセミナーや、コンサルタントへの相談で再教育をしっかりやってくれる案件を紹介してもらえます。

 

また、看護師の職場というと病棟勤務をイメージすることが多いですが、夜勤のないクリニック・老人ホーム・製薬会社・イベントや旅行への添乗など勤務先の選択肢はたくさんあります。

 

子育てがある方やライフスタイルに合わない方はクリニックや老人ホームへ勤務したりすることができます。ライフスタイルに合わせて勤務形態を変えられるのも、手に職をつけたい女性に向いている要因ですね。

 

看護師は常勤以外にも、パートタイム雇用や単発の仕事もあります。ブランクがあるのでまずはパートタイムからという選択をする人も多いようです。

 

単発の仕事は家事や用事の間にちょっとだけ、自分の都合に合わせて少しだけ働きたい人におすすめです。
ただ、キャリアデザインがしにくいというデメリットがあります。

 

子どもがまだ大きくなっていないから、心配という方は託児所付の勤務先を探しましょう。
託児所のスタッフと声を掛け合って協力して育児ができます。

 

独身でキャリアアップを狙う人は先進的な医療についての教育が受けられる病院が向いています。
病棟以外でも手術室や集中治療室への配属も視野に入れることができます。

 

こういった仕事内容はやってみないと分からないところが多く、不安で前に進めない人も多いでしょう。
そんな場合は何もいきなり正社員でなくても、アルバイトから体験目的で初めてみても全然いいのでは?

 

アルバイトが不安な人に

 

上記サイトでは結構様々なアルバイトの失敗談と職場の雰囲気が掲載されています。
どんな仕事をするつもりなのか?それを元に一度調べてみるといいでしょう。

 

 

働いているから美容は…絶対にダメ!

 

仕事が忙しく自分のための投資ができない。だから肌や服装など見た目は不満足でも仕方がない…

 

これは一見仕方がない話でどうしようもなさそうですが、仕事をバリバリやって子育てもしっかりやっている人は決して見た目が悪いわけではありません。

 

確かに肌だけで見たら荒れ気味な人もいるでしょう。専業主婦で十分な夫の収入があれば、さぞかし今より美容にお金と時間をかけられるのかもしれません。

 

でも、女性の美しさとバイタリティはそこで決まるわけじゃありません。

 

男性でも見た目がパットしなくても何か惹かれてしまう経験が女性だったらあると思います。それは当然女性サイドにもあります。

 

やはり女性は仕事をいいわけに美を捨てるのはおかしいのです。多くの女性が美しさという定義を大きく、そしてズレて解釈しているためにこういった言い訳が自分の中だけで通ってしまいます。

 

何も美人になる必要はありません。肌なら女性らしさを生み出すポイントだけ抑えておけば大丈夫。

 

例えば肌にシミがあったとしても、ファンデーションで塗り固めるより、地肌全体の透明感を目指したほうが印象はかなり明るく見え若々しくなります。

 

肌の透明感を出す方法はこちらを参照

 

よく美白だ、色白だと女性は求めますが、実際にだいじなのは他人の目にどう映るかです。それだったら全体的な透明感を目指すべきで、そっちのほうが成功する確率は遥かに高いです。

 

何もキャリアウーマン的なものを目指す必要はありません。女性なら女性らしい透明感を持っていれば、あとはちょっと仕事疲れした顔でもぜんぜん大丈夫です。その雰囲気を好いてくれる男性だっているのですから。