働く女性になる!

脱サラの選択肢、フランチャイズ事業

雇用状況の悪化、雇用形態の変化などサラリーマンにとって厳しい状況が続いてますよね。そんな中で脱サラを目指す人も多いようです。

 

脱サラのイメージとはどんなものでしょう?自由な勤務時間、自由な服装、通勤地獄からの解放など自由で開放されたイメージが多いですね。

 

しかし、これまでサラリーマンとして仕事をしてきた人が急に「経営者」となり、営業活動や事務、そして納税など全てをこなすのは難しいことも事実。

 

脱サラの一つの選択肢としてフランチャイズ起業という方法もあります。

 

フランチャイズ方式の起業、イメージはつかみ易いですよね。例えばコンビニエンスストアをイメージすれば良いと思います。

 

あらかじめ確立されたビジネスモデルを扱うのが大きなメリットです。完全にマニュアル化、定型化された業務なども「元サラリーマン」ならばなじみ易いはずです。

 

また、顧客獲得のノウハウもすべて享受できるのが大きなポイントですね。

 

実際に脱サラした人を調査した結果、オリジナルの事業を展開した場合に比べてフランチャイズ起業の継続率は圧倒的に高いそうです。安定的に事業を展開するには良い方法であると言えます。

 

一方、フランチャイズ起業にはデメリットも存在します。

 

まず、ロイヤリティの問題があります。確立されたノウハウ、マーケット、システムを全て使えるのですから当然かも知れませんが、オリジナルの事業に比べて利益率は低くなります。

 

また、フランチャイズ加盟時にある程度の資金が必要な点もあります。加盟するフランチャイズ事業者によりますが、それなりの資金計画や資金調達方法が必要です。

 

メリットもありデメリットもあるフランチャイズ事業ですが、脱サラの選択肢としては魅力があると思います。興味があれば各社から資料を取り寄せたり、事業説明会に参加してみましょう。