働く女性になる!

脱サラをするなら週末起業から

脱サラを検討している方、多いみたいですね。サラリーマンとして組織に属していると自由な生活に憧れることも多いでしょう。
しかし、脱サラが簡単ではないことも事実。昨日までサラリーマン、今日から経営者というわけですから当然です。

 

脱サラを検討するなら、サラリーマンを続けながら週末起業という方法もあります。そして事業が軌道に乗ってきたら退職するのが良いと思います。

 

週末起業の良い点は、サラリーマンとして安定した所得を得ながら起業できることです。一般的に脱サラする場合は当面の生活費を確保しておく場合が多いですから、生活費の心配がない週末起業はメリットがあると思います。

 

また、週末起業は計画している事業の見極めにも適しています。つまり、上手くいかない事業であれば廃業してサラリーマンを続けるも良し、新たな事業計画を立てるのも自由というわけです。会社を退職して起業した場合に比べてリスクが低く、事業展開に柔軟性があるわけです。

 

一方、週末起業で注意する点もあります。

 

まず、勤務している会社が副業を認めているか確認が必要です。勤務先が副業を禁止しているにも関わらず起業した場合、懲戒解雇というケースも考えられます。懲戒解雇は社会的にも大きく信用を失う離職自由ですから十分に気をつけましょう。

 

また、週末起業で得られる収入が少なくても、きちんと確定申告をしなければなりません。それから、個人事業主としての開業手続きもきちんと行う必要があります。

 

独立して事業を展開する上で信用はとても重要です。また、金融機関で資金を調達する上でも信用は何より重視されるのです。